1団体、1施設につきskype医師1名

1団体、1施設につきskype医師1名
劇団や実業団などの団体に、skypeで相談できる医師を1名いた方が良いでしょう。いつでもどこでも場所を選ばず、時間関係なしに相談できる。